"Together"の歌詞を映画に即して和訳してみた!The xxが唄う『華麗なるギャツビー』のメイン曲&エンディング曲 - Cinema A La Carte

"Together"の歌詞を映画に即して和訳してみた!The xxが唄う『華麗なるギャツビー』のメイン曲&エンディング曲

『華麗なるギャツビー』のメイン&エンディング曲である
The xxが唄う "Together"。
その歌詞を映画に即して和訳してみました!



6月に公開されて日本でもスマッシュヒットを記録した『華麗なるギャツビー』。

様々な歌手が楽曲を提供しており挿入歌として映画を彩っています
その中でもメインとなっている楽曲は2曲。
Lana Del Reyの"Young and Beautiful"。そして今回取り上げるThe xxの"Together"です。

"Young and Beautiful"の歌詞和訳はこちら



歌詞の直接の訳ではなく、映画『華麗なるギャツビー』に即した解釈訳としました。
短い歌詞ですが映画の内容を見事に反映させています。

最初男性が歌うところはギャツビーが映画で途中まで抱いたデイジーとの壮大な夢物語そのもの。言ってしまえば痛い宣言そのもの。

そして次に女性が歌うところはそれに釣られたデイジーが今ある空虚な結婚生活を放棄してギャツビーと結ばれたいと思う気持ちです。

そしてその後連発される
"Together, to be
Together and be"
は二人のその絶頂時の幻想愛を確かめ合ってる姿でしょう。

しかしその呪いのように連発される
"Together, to be
Together and be"
は本当に呪いとなり、映画の結末はああなったわけです。

そう考えるととんでもない歌詞(褒めてます)だと思うわけです。
おー怖い怖い。

さて英語歌詞と独自訳まとめます。

----------------------------------
The xx "Together"

I know to be there
When and where, I'll be there
いつどこでも僕は君のそばにいるよ。


You know what's to be said
We said out loud, we never said
君は何を言うべきかわかってるよね。
僕たちが大声で言った、
今まで言えなかったあの言葉だよ。


My premonition of the world comes to me
A sun in your hands from the middle life
Says I'm alright
僕が予感してた世界が遂にきた。
普通の生活を送っていた君の手に包まれた光が、
大丈夫だって教えてくれる。



You said you don't have to speak
I can hear you
I can't feel all the things you've ever felt before
あなたは言ったわ。話す必要なんてないと。
聞こえるわよ。これまであなたが感じた全てのことを
理解することはできないのだけれど。


I said it's been a long time
Since someone looked at me that way
わたしは久しぶりだって言ったわ。
こんな風に誰かが私を見てくれるのを。


It's like you knew me
And all the things I couldn't say
あなたは私をわかっていたみたい。
私が言えなかった全てのことを。



Together, to be
Together and be

Together, to be
Together and be

Together, to be
Together and be

Together, to be
Together and be......

これからは
2人で一緒に

これからは
2人で一緒に

これからは
2人で一緒に

これからは
2人で一緒に.....

----------------------------------

以上になります。
恐ろしい歌詞…。