『そして父になる』、なぜ"そして"なのか?それがわかり感動と余韻を堪能した【映画紹介/2013年公開作】[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

『そして父になる』、なぜ"そして"なのか?それがわかり感動と余韻を堪能した【映画紹介/2013年公開作】[ネタバレなし]

『そして父になる』

『そして父になる』基本情報
公式サイト
http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/

監督
=是枝裕和

出演
=福山雅治
=尾野真千子
=リリー・フランキー
=真木よう子

ストーリー
大手建設会社に勤務し、都心の高級マンションで妻と息子と暮らす野々宮良多は、人生の勝ち組で誰もがうらやむエリート街道を歩んできた。そんなある日、病院からの電話で、6歳になる息子が出生時に取り違えられた他人の子どもだと判明する…。

予告編



スポンサードリンク


結末より成長、素晴らしい
まず断っておきますが、私は子供いませんし結婚もまだしてません。
そうである以上、感情移入した部分も映画的に感情移入をしただけであり、実際の親である方々の意見とは良くも悪くも異なることをお断りしておきます。

[DVD/Blu-ray発売済み]

"6年間当然のことながら自分の子供と信じて疑わず育ててきた息子は出産時に取り違えられた他人の子だった"というショッキングな題材である本作。何をどう取っても誰かしら心に傷を負い子供も絡む以上、私の注目はただただ「どこに着地させるのか」でした。

仮に6年間育てた他人の子をこれからも愛情を持って育てていくとしましょう。子供には内緒で。実の息子がわかっている以上双方の両親は傷つきます。

仮にここで子供を取り替え実子を育てていくことにしましょう。軌道修正なわけですが、感受性豊かで様々なことを吸収する0歳〜6歳を過ごした他人の両親の愛情は染み付いています。子供は傷を負います。

設定のみしか知らなかったので上記のこと、どうするのかとにかくそれだけが気になって映画を見ました。感想としては"傷こそ追うが希望が見えたラスト"と思い救いがそこにあり映画としてとても素晴らしかったと思いました。

タイトルは『そして父になる』。『取り違えられた子供』でもありな題材のタイトルがあぜこうなったのか。そう、福山雅治演じる主人公の心の変遷を中心に描いていたのです。だから、"このありえない困難を超えて、そして父になる"という意味なのでしょう。

どうするかの結論を出した双方の両親と子供、結論は当然綺麗な収まりなど見せず、むしろ物語はここから先が重要。主人公や家族、子供たちにはこれからもきっと困難が待ち受けるでしょう。このような事態となってしまった以上時として子供は両親に厳しく当たることもあるでしょう。

しかし、福山雅治演じる野々宮良多は変わりました。だからどこかで"きっと大丈夫、この家族なら"と思えました。いい意味でとんでもない設定をちゃんと着地させた本作。

是枝裕和監督の演出もさすがのもので素晴らしく、文句無しの映画となっていました。そうは言っても題材は題材。やはり心にもやは残りますね。一撃食らった感じでした。


しかし不安というかもやもやもあるのが事実。


この2つの家族の子供の取り違えがまさか故意に行われていたとは…。
そのエピソードにはモラル的に怒りと呆れが襲いました。
映画への不満ではありません。取り違えを故意に行った登場人物へのそれです。

映画ではその登場人物は完全悪とは描かれません。
その登場人物を守る人もいるのです。
このエピソードは、ん〜…そんなことしてもダメなものはダメ、というのが私の意見ですね。(映画ではなく登場人物への苦言です)

擁護する意見も目にします。しかし私はどうしてもこの行動には…。
理由は簡単で"妬み"が嫌いなんです。

妬み、嫉妬はしないのが一番です。妬みたくなったらなぜ妬みたいのかを考えて自らの人生の軌道修正をすべきなのです。嫌に思ったのはそれ故です。妬みで人の人生を狂わせてはいけませんね。


そんな不満も含めて映画を鑑賞して色々考えさせられました。
それ含めて素晴らしい映画だったなと。


written by shuhei