『ゼロ・グラビティ』感想、映画史に残る究極の名作であり大事件的傑作! - Cinema A La Carte

『ゼロ・グラビティ』感想、映画史に残る究極の名作であり大事件的傑作!


歴史的傑作ここに誕生!『ゼロ・グラビティ』を熱く語ります!!

関連記事


『ゼロ・グラビティ』の基本情報

タイトル
=ゼロ・グラビティ

原題
=Gravity

日本公開日
=2013年12月13日

公開形式
=IMAX3D/3D/2D

公式サイト

監督
=アルフォンソ・キュアロン

出演
=サンドラ・ブロック
=ジョージ・クルーニー     

ストーリー
スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士とベテラン宇宙飛行士のマットは、船外作業をしていたところで予想外の事故に遭い、宇宙空間に放り出されてしまう。空気も残りわずかで地球との交信手段も断たれ、たった1本のロープでつながっているだけの2人は、絶望的な状況の中から生還を目指すが……。

予告編

自信を持って言える"究極の映画"

「好き・嫌い」、「傑作・駄作」、という粋を超え、数年に一度誰もが認めざるをえない強烈で革新的な映画が現れます。

古くは『メリー・ポピンズ』、アニメで言えば『トイ・ストーリー』、ヒーロー映画の概念をぶち壊した傑作『ダークナイト』、3D映画革命の発端となった『アバター』などなど。これらは記憶にある方々も多いでしょう。

2013年、また新たなる伝説が生まれました。誰もが"映画館で"観なければならない、後世に語り継がねばならない映画。それが『ゼロ・グラビティ』です。

"究極の映画"

この映画のためにある言葉でしょう。これぞ究極であります。

[DVD/Blu-ray発売済み]

宇宙空間に放り出されてしまった宇宙飛行士の生還劇。91分の映画の中に、3D映画のあるべき姿、宇宙映画のあるべき姿、そして人間の本質である"生を直視する姿"が描かれ、最後は衝撃と感動で涙を流し圧倒されます。


映画を見てるだけなのに死ぬかと思ったほど。

この映画を究極と言わずに、何を究極と言うのでしょうか。


アルフォンソ・キュアロン監督特有の長回し映像も究極の形で効果を発揮。オープニングから17分にも及ぶ超長回し映像…恐怖に身体が震えました…。

映像や音響音楽は言わずもがなの究極クオリティ。ジョージ・クルーニーのいい感じに脇役に回る名演技の元、どこまでも輝くサンドラ・ブロックのキャリアベストの究極演技でダメ押し。

その極限状態の中でユーモアや美しさまでも見せつけるアルフォンソ・キュアロン監督の才気たるや。これはアカデミー賞を獲るべきでしょう。

息をするのを忘れ、心臓がばくばくし、劇場から"脱出"したくなるほどの極限状態。しかし同時にそうはしたくないと思うほどの恐ろしい引力。次から次へと前代未聞の極限状態が訪れ・・・うまく言葉で整理ができません。

映画のラスト、どうなったかは劇場で観て頂きたいです。"Thank you."という言葉をここまで重く感じる映画は今までありませんでしたよ。センセーショナルなラストでありました。


この映画、映像体験が究極なのは言うまでもないわけですが、それだけでなく「希望」を与えてくれるのが魅力的だと思うんです。

・もしあなたがこの世で生きることが辛くてもこの映画は希望をくれます。

・もしあなたが恋人に振られ独りであったとしてもこの映画は希望をくれます。

・もしあなたが愛する人に先立たれ1人この世で孤独に生きていてもこの映画は希望をくれます。

それがこの映画の凄いところです。恐怖の映像体験と私たちに与えてくれる「誰でもこの世で生きていいんだ!」という究極のメッセージ。この映画、大絶賛しかできませんよ。本当に凄い映画です。誰とでも見れる、一人でも見れる本当に本当に凄い映画なのです。


この映画は生きることに関して"メタファー"で表してる部分が非常に多いです。ストーンとコワルスキーが宇宙空間でロープで繋がってるところはまるでへその緒。その後ISSでは子宮にいる胎児のように丸まる描写。中国の宇宙船で一瞬映る稲穂なんかも何かのメタファーなんだろうなと思ったりします。

これでもかとシンプルな物語の一瞬一瞬にはとんでもない情報量が詰め込まれているのです。映画の記事を書く人間としてこんな陳腐な表現は恐縮ですが"凄い"としか言えないですよ、はい。


最後にタイトルの"GRAVITY"が出た瞬間、全身鳥肌が立ち涙が溢れました。
そこで思ったことはただ1つ"これは究極の映画だ"ということでした。

是非公開されたらできるだけ大きいスクリーンで3Dで観てください。IMAXシアターに行ける方は行ってください。そして、映画を観ない理由や言い訳を探さないでください。

『ゼロ・グラビティ』は究極の映画です。

今年最高の映画か?

当たり前です。今年断トツの傑作です。

他の映画と格が違います。映画を見ていて初めて死を覚悟し、センセーショナルなラストに完全に打ちのめされ、勇気と希望を貰いました。ヘヴィーな映画ですがまたこの宇宙の旅へ参加したくて仕方ありません。劇場公開されたらもう1回、いやもう5回、いやいやもう10回でも20回でも3Dで鑑賞してこようと思います。

アルフォンソ・キュアロン監督、サンドラ・ブロック、ありがとう、ありがとう、ありがとう。

ジャパンプレミアレポートはこちら

※この『ゼロ・グラビティ』には"映画を見た人しか理解できない"約7分のスピンオフ短編が存在しています。タイトルは「アニンガ」。DVD特典に収録されております。気になる方は是非検索からチェックをしてみましょう。

関連記事