クロエ・グレース・モレッツの今を切り取っただけで価値ありの『キャリー』【映画紹介/2013年公開作】[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

クロエ・グレース・モレッツの今を切り取っただけで価値ありの『キャリー』【映画紹介/2013年公開作】[ネタバレなし]

『キャリー』観賞レビュー


『キャリー』の基本情報
日本公開
=2013年11月8日

監督
=キンバリー・ピアース

キャスト
=クロエ・グレース・モレッツ
=ジュリアン・ムーア

ストーリー
超能力を秘めた内気な少女キャリーが引き起こす惨劇を描くサイコサスペンス。地味で冴えない高校生のキャリーは、学校では笑い者にされ、家では狂信的な母親に厳しく監視され、孤独で鬱屈した日々を送っていた。やがて、学校の人気者トミーとプロムパーティに参加することになり、母親の反対を押し切ってパーティにでかけたキャリーだったが……。

予告編


悲しくエグい物語だがクロエたん映画としてそれで良し!
スティーブン・キング原作で、1976年にブライアン・デ・パルマ監督で一度映画化されている本作。今回クロエ・グレース・モレッツ×ジュリアン・ムーアで再映画化されました。

超能力のある少女キャリーを、クロエたんことクロエ・グレース・モレッツが魅力たっぷりに演じています。映画的な穴が無いわけではない本作ですが、単刀直入に言ってしまえばまだまだ発展途上のクロエたんをこのように切り取った映画として大切にされていく一本ではないでしょうか。

[DVD/Blu-ray発売済み]

『キック・アス』等で見せたクロエたんの“動”の魅力とは違う、“静”で“陰”な部分が描かれていて、それがとても魅力的に思いました。
これは母親を演じるジュリアン・ムーアも同じで、貫禄の出てきたジュリアン・ムーアが不気味な存在感を放っています。
言ってしまえばこの2人の女優のファンであれば存分に堪能できる映画と言えるでしょう。

しかし言わずもがな『キャリー』は虐められまくる女子高生が特殊能力で復讐して大騒動になる悲しい物語です。

サイコサスペンスなのでそれが不気味に描かれます。特殊能力の部分は、76年版と比べ技術の進歩もありとても魅力的になっています。しかし物語は同じわけですからいじめ描写を見て爽快に思う人はいないでしょう。これ結構辛いですね。

結末は悲しいですが、終盤キャリーが特殊能力で反撃する場面は『半沢直樹』の"倍返し"、"100倍返し"そのものでこれは見ていて「やっちまえー!!」と思うのも事実。しかしここで私は「キャリーやっちまえ!」と思わず「クロエたんやっちまえー!」と女優である彼女自身を応援してることに気づきました。

見事な演技だったと思いますが、キャリーとして見きれなかったところ私の集中力の問題なのか演出の弱さなのか…。しかしそれでも映画は楽しんだのでまあいいかなと。

諸々穴もある映画でしょう。しかし魅力にも溢れた映画でしょう。
クロエたんが5年後、10年後もっと美しく成長していく中で『キック・アス』のように「クロエたん大きくなったね〜」と懐かしがられる作品になることでしょう。

その意味で今存在する価値のある映画には間違いないわけであります。




関連作品
クロエ・グレース・モレッツ出演作品


ジュリアン・ムーア出演作品


written by shuhei