【炎上の際に頻発する残念事例】"Twitterアカウント"を削除しても"ついっぷる"の写真はそのまま残るので要注意【炎上したら冷静に行動】 - Cinema A La Carte

【炎上の際に頻発する残念事例】"Twitterアカウント"を削除しても"ついっぷる"の写真はそのまま残るので要注意【炎上したら冷静に行動】

|

ローソンの冷凍庫にバイトくんが入って大炎上してお店が閉店になる騒ぎを筆頭に日本全国トラブルが頻発しておりますね。


というか過去に似たような写真を投稿してるユーザーが狙われて掘り返されているのでしょう。Twitter、facebookを中心としたSNSモラルの論評に関してはお偉い方々にお任せするとしまして、

本日はTwitterアカウントとついっぷるの関係についてお伝えします。

タイトルの通りで、

写真を元に炎上してしまい、慌ててアカウントを削除したとします。しかし写真のアップ先がついっぷるのサイトの場合、アカウントを削除してもついっぷるには写真が残ったままになってしまいます。


実例を上げさせて頂きます。
"蕎麦屋さんの食器洗浄機に突っ込んだ写真炎上事件"(勝手に命名)。


騒動を受けて早速アカウントは削除されたようです。7月6日の写真みたいなんで掘り返されちゃったんだね。

しかし、上記の写真がアップロードされていた先は"ついっぷる"だったのです。
よって、Twitterは削除しても上の画像はついっぷる上に残ってしまうのです。

Twitterとついっぷるは別物!


これに注意してください。



※上記の画像は数日後ついっぷるアカウントも消えたようで火消しがされています。"ついっぷる"で炎上した際にはついっぷるサイトで写真消してからアカウントを消すようにしましょう。そうしないと色々面倒なことが続きます。

炎上したらアカウント消すんじゃなくて、写真を消すことにまずは主眼を置きましょう。



炎上とは無縁でも"ついっぷる"等外部の写真共有サービスを使用している場合は注意が必要です。Twitterをやめる際にその外部サービス先の写真データを消さないとずっと残ってしまうからです。

なので炎上無縁でも覚えておいた方がいいです。

また、Twitterを鍵付き(非公開)にしていても"ついっぷる"の写真は外部から見れちゃいます。ストーカー等防犯的意味合いで鍵付けてる方は公式への写真アップ、またはむやみに写真を上げないほうがいいですよ。


炎上あれこれは最近多いので「また出たか」くらいですが、
写真のアップ先が外部の場合、今回のように残念な事態に成りうるので記事にしてみました。