映画『クイーン』紹介、女王の威厳と苦悩を描き出す問題作であり大傑作[ネタバレ解説あり] - Cinema A La Carte

映画『クイーン』紹介、女王の威厳と苦悩を描き出す問題作であり大傑作[ネタバレ解説あり]



『クイーン』基本情報

タイトル
=クイーン

原題
=THE QUEEN

監督
=スティーブン・フリアーズ

出演
=ヘレン・ミレン
=マイケル・シーン
=ジェームズ・クロムウェル

ストーリー
1997年8月31日、“英国の薔薇”ともうたわれた英国王室のダイアナ元皇太子妃が、 パリで交通事故に遭い逝去してしまう衝撃的なニュースが全世界に流れる。 ダイアナ元妃の訃報を悼み、その日から全世界は悲しみに包まれる。 しかし、なかなか公式声明文を発表しない英国王室のエリザベス女王(ヘレン・ミレン)の対応へ批判が集中する。

予告編


独特の雰囲気が魅力的


現在の即位し続けているエリザベス女王を主人公としたダイアナ元皇太子妃死亡自己時の実話をベースにした作品です。

本作は見終わった後に色々なことを考えさせられますが、映画というそのものを一言で表すと 「映画という次元にはない深みのある舞台劇のような芸術作品だった」というところでしょう。

観ると当然わかるのですが独特の雰囲気を持った作品でした。

本作は取材により集めた事実を元に脚本を描き上げています。ストーリーこそ映画のための脚色がなされていますが、事実べースです。女王が主人公の実話なので映画の中には当然アクションシーンなど映画としての盛り上がり要素はありません。実話ベース、しかも極力実話を大切に残す作品は、ストーリー創作ができないので、 映画としては単調な印象を持ってしまうことが多いです。

しかし本作は「単調」という印象がありません。

扱っている題材や演技などはシリアスなものですが、演出や音楽がうまい具合に調整されているからか、重厚なのだけれど見やすく時にコミカルな印象を与えてくれる作品です。よって映画として見やすく、だれず、しかし扱っている題材のシリアスさにより見終わったあと多くのことを考えさせられるのです。



とりわけ演技が見事ですね。 ヘレン・ミレンは後で書くとして、脇を固めるマイケル・シーンやジェームズ・クロムウェルなど非常に素晴らしい演技です。

 アクションなどがないため見どころが人間ドラマになります。 人と人とのぶつかり合いや自分自身との葛藤など、これは演技力が体現するもの。 それがベストな状態で発揮されているのが本作です。 それも舞台劇を見ているかの様な印象を与えてくれる要因かもしれませんね。

本作の見どころは多数ありますが、ダントツでヘレン・ミレンの演技が見どころとなるでしょう。 アカデミー賞はもちろんのこと各批評家賞や映画賞で主演女優賞を文字通り総なめにしました。 本当に女王なんじゃないかと思うほど圧倒的な演技です。

いや、演技と感じ無いんですよね。女王になりきってます。英国の女王としてカリスマ的な強さを持つその風格。それが見事に伝わってきます。



本作はダイアナの死を追ったサスペンスではなく、 ダイアナの死による国の緊急事態に直面した女王の心を描いています。女王はダイアナが嫌いだったのでしょう。映画からそれが伝わってきます。

そんなダイアナの死は悲しくもなく、既にチャールズ皇太子と離婚してるわけだから王室は関係ない、勝手に葬儀でもすればいいと女王は思っていたのでしょう。しかし国民は女王のメッセージを強く求めました。

最初は何様と思っていた女王ですが、その声が強まるに連れ孤独になっていくのです。 この孤独とは心の孤独です。女王としてどうすべきか、その悩みを抱える中時に人間らしさを見せ悩んだり涙を浮かべることに。その演技がまた圧巻です。

女王という立場上わめいたりできません。外なるものは静かだけれども心の中では混乱し、孤独を感じているということが、ヘレン・ミレンの演技から見事に伝わってきます。

鹿のシーンの演技も素晴らしかったですが、宮殿に手向けられた献花の前を歩き、国民の方を向き微笑む演技が本作で最も素晴らしいと思いました。状況が状況の中、心では色々思っても、女王であることを忘れない。 それが見事に表情として出ていたと思います。

アカデミー賞だけでなく各映画賞を総なめしたのはもうこの演技を見れば納得です。本当に本当に素晴らしい演技でした。



本作においてダイアナの死は映画のストーリーのきっかけにすぎません。あらゆる取材をして事実に即した映画を作るのであれば『ダイアナ』という映画を作ればよかったでしょう。

※『ダイアナ』は2013年に公開されましたが、残念な映画でした(笑)


しかし本作はそうはしませんでした。あのダイアナの死からの1週間の女王にスポットを当て、ブレア首相を脇役とする切り口を選んだのです。 それだけで本作製作陣は本当に素晴らしいと思いました。

とにかく女王を描くというその強い意志が伝わってきます。女王の真実を事実を元に描いており、皇室への非難も映画では含まれるので、反王室映画と思われる方も多いでしょう。

実際はそんなことはなく、女王をしっかりと描き、 「私たちの女王のあの時の真実です」という謙虚な姿勢が滲み溢れるものとなっています。悪い部分も書きつつも女王に敬意を払っていることがわかります。

それでいても映画は映画。観客に見放されては何も始まりません。時にコミカルな印象を与えるスパイスを加え、映画としての魅力も存分に取り入れました。スティーブン・フリアーズ監督率いるチームのその並々ならぬ努力に敬意を表したいと思います。



本作のストーリーを元に女王とダイアナ元皇太子妃を比べると女王の苦悩がわかってきます。イギリス王室は血筋で継承されます。つまりエリザベス女王は自らの意思でその座を目指したのではなく、運命として女王でいるわけです。

もちろん嫌々しているわけではありませんが、良くも悪くも事実としての女王なのです。対してダイアナ元皇太子妃はチャールズ皇太子と離婚してからは王室とは関係のない一般人となりました。

しかし彼女の死に触れた国民、そしてブレア首相は彼女を「People's Princess」と呼びます。つまり彼女はプリンセスなのです。 国民の心の中の。日本は王室ではないのでイメージしにくいのですが、 実際のダイアナの死の際を思い出すと、ダイアナ元皇太子妃の死を、多くの国民は家族が亡くなったかのように悲しんでいました。

それだけ彼女は少しの期間でも王室にいたことで、イギリス国民に大きな影響を与え、そして愛されるプリンセスとなったのです。どちらも自らの意思ではありませんが、事実として女王でいるエリザベスと、 国民の心のプリンセスであるダイアナ。

国民に非難される事実上の女王、国民に愛される心の中のプリンセス。この辺りの描き方がとても見事でした。だから何というわけではないのですが、運命による結果と、人から思われる何か、それはとてもとても深いテーマなんだなと思いましたね。



印象に残っているシーンが2つあります。

1つは鹿のシーンです。森で鹿にあった際に女王は鹿に「早く逃げなさい」と言います。

なぜか? 鹿はハンターに猟銃で撃たれ殺されることがあるからです。バルモラル城だったかな?女王がロンドンから抜けて静養していた地の城には鹿の首がかかっています。剥製みたいな感じです。

そして劇中でも実際鹿は撃たれ、首を取られます。女王は鹿を見て涙します。国民には見せたことなどない涙を。人間ではなく動物に涙を見せたのです。それがなぜかは言葉では語られませんが、自分の生き方に重なったのかもしれません。

そして頑なに断り続けていた王室としてのダイアナ元皇太子妃へのメッセージを発信することにしたのです。言葉では説明できませんが、ヘレン・ミレンの強烈な演技もあってとても印象に残っているシーンです。


もう1つ印象に残っているシーンが、少女が女王に花を渡すシーンです。

宮殿の前、つまり国民の前に遂に姿を表した女王は国民に笑顔を見せます。そんな中花を持っている小さな女の子が目に止まります。女王は彼女に、それを代わりに献花しようかと話しかけます。 しかし少女は言います、「これはあなたに」と。

少女はダイアナ元皇太子妃にではなく女王に花を渡したのです。 映画の中で終盤まで王室に対する国民の不満はどんどん高まって行きます。 しかし、このシーンでわかるのです。 国民は王室自体を嫌っていたのではないと。

今回はもっと早く葬儀を含め王室として動くべきだった。 しかし国民はその対応の悪さを非難しただけで、心のどこかではやはり女王を愛していた。 そんなメッセージの溢れているシーンです。何度か観ると泣いてしまうシーンでもあります。素晴らしいシーンでした。



映画としては本当に素晴らしい作品です。

もちろん人によって好みはあるでしょうから、好き嫌いはあるでしょう。それはそれでいいと思います。映画としては満足でしたが、「日本じゃ絶対作れないんだろうな」とイギリス映画への嫉妬のような気持ちが残りましたね。タブーは描くべからず。

それは日本では続くのでしょう。

真摯に描けば映画としても素晴らしく、実話なのでメッセージ性もある。そんなことを感じた『クイーン』。 それと共に日本の映画で政治や皇室を赤裸々に描く作品はやはり出ないのかなという、嫉妬に似た何かを残した映画でもありました。


Amazon