『真夏の方程式』感想、この映像と演出センスはお見事過ぎる…映画的完成度に唸るしかない【映画紹介/2013年公開作】[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

『真夏の方程式』感想、この映像と演出センスはお見事過ぎる…映画的完成度に唸るしかない【映画紹介/2013年公開作】[ネタバレなし]


『真夏の方程式』基本情報

タイトル
=真夏の方程式

監督
=西谷弘

出演
=福山雅治
=吉高由里子
=杏
=前田吟
=北村一輝、
=山崎光
=風吹ジュン
=田中哲司、
=塩見三省


予告編

最初に思った正直な感想

『容疑者Xの献身』は惜しい作品でした。
素晴らしい部分がたくさん、たくさんあるのにところどころ演出的にテンポが乱れていたり、単純に湯川と石神の空気感がズレていたりと。

それでも堤真一さんの演技を中心にとても切ない映画に仕上がっていたと思いました。

その先遂に訪れたガリレオシリーズの再始動。
まずはドラマ版からスタートして高視聴率記録。
映画ヒットもこれは確約されたようなもの。

普段洋画ばかりの私も吉高先生(吉高由里子)が出るというミーハーな理由で劇場へ←


いやはや、驚きました。
終わった後の正直な感想を言うと
「何でこんな地味な題材なのに一切飽きずに画面にのめり込んでいたのだろう…」
でした。

[DVD発売済み]
客観的に考えればですよ。
どう考えても『容疑者Xの献身』の何倍も地味な題材なんですよ。
単純に場所柄もそうだし。湯川と競う石神みたいな存在もないし。

でも映画体験としては『容疑者Xの献身』以上どころか今年でもトップクラスな満足度なわけで・・・

何なんだこれ・・・
邦画詳しくないから何でかもわかんないし・・・

って思いながら劇場を後にしたわけですが、
理由分かりました。そして納得しました。





本作の魅力は映画的魅力

いくつか本作の魅力をまとめてみました。
すいません。邦画レビュー慣れてないので箇条書きで失礼。

・タイトルから『ガリレオ』を外しドラマ的軽さも排除したこと

・それによって映画、とりわけサスペンス的シリアスさが出たこと

・「実に面白い」を封印したこと

・テーマ曲をエンドロールまで使わなかったこと

・湯川が深刻になり過ぎない代わりに少年に心を開いたことを"行動"で示したこと

・吉高由里子を辺に前に出しすぎなかったこと

・杏のいい意味の地味さ

・前田吟ここ一番の熱演

そして!!

・次から次へと繰り出される美しい映像カットの数々!!

・特に夕日や海中!!


あくまでも1本の映画として作るぞという製作陣の意思に俳優たちが応え、そしてそれが美しい映像を持って完成したという。もう素晴らしいのなんの。原作が要因の地味さをそれ以外が多分に補って素晴らしい作品になったんだと思うわけであります。

いくつかレビュー拝見させて頂いたのですが、撮影監督に柳島克己さん。
そう、この方北野武監督の『あの夏、いちばん静かな海』を撮ったあの方。
納得であります。あの港町の美しさ。職人芸ですこれは。

オープニングの雪降る中の主観映像なども"意味あるもの"でしたし、
私は犯人こそわかりましたがオープニングの意味は後半になるまでわからなかったので、
やはりサスペンス性もしっかり演出が成されていたなと思いました。

そしてペットボトルロケットのシーン。
いやはやこのシーンいいですね。
映画的に地味とも思えるシーンでありながら本作で最も派手なシーン(笑)

しかしここ"地味"で片付けてはいけません!
『容疑者Xの献身』で湯川教授が石神が泣き崩れた時別室で泣いていました。
本作で湯川教授はそういった感情を表に出しません。

が!、その代わりにこのシーンなわけでありますよ。
湯川教授が大嫌いと言った子供相手にペットボトルロケットを飛ばす実験を一緒にしている。しかも本気で。その行動自体が湯川教授の成長や心変わりを示しているんです。素晴らしいのなんの。

悲しい家族の真実と少年の夏休みに絡む湯川教授。
少年の「花火、やっちゃいけなかったの?」が胸に響きました。
最後は悲しかったですね、ホント。

素晴らしい映画であります。

最後に後輩がツイートしていた感想が見事だったので引用紹介。


取調室のシーンね。最初の前田吟さんが一人で座っているフレームの外から取調官の声が入り、カメラは動くことなく吟さんをとらえて、回想を挟みながらカメラが引いたら今まで見ていたものが鏡面反射だと気付いた瞬間に心を鷲掴みされました。湯川が出て行ったあと、あれはアラン・パーカーの『ミッドナイト・エクスプレス』の面会シーンを彷彿とさせる熱量。凄すぎる。

ラストの駅舎のシーンさ、引き→寄りでのカットバック→外の売店からの駅舎へ被写体を追ってって感じだけど、あれはマニの『山浦への道』っぽくもジャンクーの『プラットホーム』っぽくもあって、日本もアジア映画なんだよねってつくづく実感するいいラストシーン。



『容疑者Xの献身』と似た構成など、原作的欠点は無きにしもあらず。
しかしその欠点を補う様々な映画的魅力に溢れた傑作でありました。
ドラマの映画化だっていうステレオタイプで馬鹿にするのは良くないです。

参りました。




written by shuhei