『ダークナイト・ライジング』ジャパン・プレミアで泣き崩れた思い出/『ダークナイト』シリーズ徹底解説コラム4 - Cinema A La Carte

『ダークナイト・ライジング』ジャパン・プレミアで泣き崩れた思い出/『ダークナイト』シリーズ徹底解説コラム4




今回は『ダークナイト・ライジング』のジャパン・プレミアの時を思い出して綴っていきたいと思います。

映画の新着記事をfacebookで受け取る



『ダークナイト・ライジング』公開前に試写した方々や評ろ過が大熱狂・大絶賛のニュースを目にしていたので不安は早い段階で拭い去ることができました。

ただただ4年間物語の終わりを待ち、『ダークナイト』と同じく東京国際フォーラムでジャパン・プレミアを迎えることができるのを心待ちにしていました。

しかし、その数日前に事件は起きました。
アメリカでの公開日にコロラド州オーロラの映画館で銃乱射事件が発生したのです。
『ダークナイト・ライジング』を鑑賞していた方々12人が死亡、負傷者は58人にのぼり、アメリカの銃乱射事件でも最悪の悲劇となりました。

これから各地でプレミアイベントが行われお祭りモードが加速していくはずでしたが、直近のフランス・パリプレミアムから順に中止となりました。

ジャパン・プレミアにはクリストファー・ノーラン監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、アン・ハサウェイが登壇予定でしたがこちらも中止となりました。
そんな中、プレミアムイベント中止ながら試写会のみは開催するとの発表がありました。

またお祭りムードの中の悲劇で対応に追われる製作・配給会社の方々、大変な状況の中の奮闘に今でも感謝している次第です。

上映前にこの事件に対するクリストファー・ノーラン監督のメッセージが流れました。
映画は私の家だと称するノーランの言葉を噛み締め、非常に鎮痛な雰囲気の中で上映がスタートしました。

2012年7月25日のこの日、今まで映画を観てきた中でも最も涙を流した日でした。


今日までの"映画体験"の中で最も思い出深い1日でした。
最高傑作という言葉では表せないほど衝撃を受け、感情を揺さぶられ、最後は涙を流し、いや泣き崩れてしまいました。

超傑作『ダークナイト』を体験した4年後に同じ場所で『ダークナイト・ライジング』を鑑賞したその体験。

それは私の中にある映画価値観の全てを崩し、そしてその全てを包み込みこんでくれたのです。

最後にバットマンの決断に5000人の会場のあちらこちらからすすり泣きが聞こえてきました。私ももちろんその一人。

そして最後にタイトル"THE DARK KNIGHT RISES"とタイトルが出たに拍手喝采。
それは前作『ダークナイト』の時を彷彿とさせるもので、再び多くの方に支持をされた瞬間だったのです。

『ダークナイト』の時は衝撃に拍手を送りました。
『ダークナイト・ライジング』では映画への衝撃、完成度、これで終わりという寂しさ、バットマンの決断とラスト、様々な感情が入り混じり涙を流しながら拍手をひたすら送りました。

特に『ダークナイト・ライジング』で主役級の見事な活躍を見せたジョセフ・ゴードン=レヴィットのクレジットの瞬間は拍手がより大きくなりました。

『ダークナイト』のジャパン・プレミアを体験できただけでも幸せな私は再びこの場で同じような体験をできたことを本当に幸せだと思っています。

その体験が忘れられなく、このシリーズが大好きなのです。
そして今またこうやって文章を書いているのです。

次回の記事から本格的に解説をしていきたいと思います。
それでは。


--------------------------------------------------------------------------------------------

ノーラン版バットマンシリーズ(ダークナイト3部作)徹底解説もくじ

徹底解説コラムをリニューアルします!


徹底解説コラム2:映画に詳しくなかった私が『バットマン・ビギンズ』で受けた衝撃


徹底解説コラム3:『ダークナイト』初見の感想。ジャパン・プレミア会場は拍手喝采の熱狂になった!!


徹底解説コラム4:『ダークナイト・ライジング』ジャパン・プレミアで泣き崩れた思い出


徹底解説コラム5:シリーズで最も大切な『バットマン・ビギンズ』の概要 


徹底解説コラム 6:シリーズ一の衝撃作『ダークナイト』の概要


徹底解説コラム 7:伝説の壮絶なる終わり『ダークナイト・ライジング』の概要


徹底解説コラム 8:3部作お勧めの見る順番&そしてゴッサム・シティの重要性


徹底解説コラム 9:『バットマン・ビギンズ』冒頭30分で描かれたバットマンの定義をしっかりと押さえてみる


徹底解説コラム 10:『バットマン・ビギンズ』中盤〜後半徹底解説!


徹底解説コラム 11:『ダークナイト』の脚本力


徹底解説コラム 12:『ダークナイト』のジョーカー徹底分析!


徹底解説コラム 13:ゴードン(警察)とデント(検察)の思惑の違いが生んだ悲劇


徹底解説コラム 14:『ダークナイト』におけるバットマンの存在意義を考えてみる


徹底解説コラム 15:『ダークナイト』のあらゆる魅力をまとめてみる


徹底解説コラム16:『ダークナイト・ライジング』をより楽しむために!ゴッサム・シティの地図を把握しておこう!


徹底解説コラム17:『ダークナイト・ライジング』、感動の初見の感想をもう一度アップ 


徹底解説コラム18:『ダークナイト・ライジング』のラストは"夢"に関連しているのか?


徹底解説コラム19:『ダークナイト・ライジング』、ブルース・ウェインはどうやってゴッサムへ戻ったのか?


徹底解説コラム20:『ダークナイト・ライジング』と『二都物語』の関連性を考える


徹底解説コラム21:『ダークナイト・ライジング』のラスト、なぜブルース・ウェインはあのような結末になったのか?


徹底解説コラム22:『ダークナイト・ライジング』の最後アルフレッドはなぜイタリアへ向かったのか?


徹底解説コラム23:『ダークナイト・ライジング』、ベインの最後はなぜああもあっけなかったのか?