『ダークナイト・ライジング』、ベインの最後はなぜああもあっけなかったのか?/『ダークナイト』シリーズ徹底解説コラム23 - Cinema A La Carte

『ダークナイト・ライジング』、ベインの最後はなぜああもあっけなかったのか?/『ダークナイト』シリーズ徹底解説コラム23




さて今回も壮大にネタバレ記事であります(笑)

映画の新着記事をfacebookで受け取る





『ダークナイト・ライジング』をまだご覧になって無い方はここで引き返してください(笑)











それでは









いきますよー!!(笑)









『ダークナイト・ライジング』のクライマックス、バットマンとベインは市庁舎前で壮絶なりファイトを繰り広げました。そしてベインの弱点であるマスクを破壊することでバットマンはベインを一度は倒すことができました。しかし信じていた、仲間だと思っていたミランダ・テイトが実は黒幕でミランダにナイフで刺されてバットマンは瀕死の重傷を負いました。

ミランダは最後の作戦へと繰り出し、ベインは「お前を殺す」と言ってバットマンを銃殺しようとしました。その時キャットウーマンことセリーナ・カイルがバットポッドで到着、バットポッドに備わっているバズーカでベインを銃殺しました。

ここでクリストファー・ノーラン版バットマンを詳しく把握している人は少しもやっとするわけです。そう、バットマンは銃を使わないですし人殺しをしないのです。それが例え敵であっても。実際映画の中盤、キャットウーマンに「銃は無し」って言うシーンありますもんね。

それなのに銃によってベインは倒されます。もちろん銃を撃ったのはバットマンではなくキャットウーマンなのでブルースが掟を破ったわけではありません。しかし銃なのであっけなさ過ぎと批判も出てますね。



前置きが長くなりましたが、このシーン、どういう解釈がいいか説明します。

キャットウーマンは銃でベインを殺した
その後「私は銃無しでは無理みたい。」と言います。

アメリカという国は銃社会です。
しかし常に銃乱射事件が起きたりしており規制について常に議論がなされています。
このベイン銃殺の描写はアメリカの銃社会を皮肉に体現しているのです。

銃無しが理想なのです。
しかし銃を0にすることが難しいのです。
そして時として銃は凶器ではなく、人の命を守る盾にもなるのです。

ブルース・ウェインの両親は『バットマン・ビギンズ』で銃によって命を落としました。
それもあってブルース・ウェイン(バットマン)は銃を使わないのです。
しかし、バットマンはこの『ダークナイト・ライジング』において自らの命が危うい時、キャットウーマンの銃によって命を守られたわけです。

銃は凶器であり守る盾でもある。
無いほうがいいけれど人を守るためには銃も必要なのかもしれない。
もちろんその答えはすぐ出るものではないけれど・・・

そんな皮肉めいた描写がこのベイン銃殺のシーンなのです。
どうでしょうか?

確かにあっけなかったです。
しかしゴッサム・シティはアメリカの設定であります。
銃社会アメリカ、そのリアルな世界の一部を映画で観た気がしました。

そしてまた皮肉なことに『ダークナイト・ライジング』の公開初日、アメリカのコロラド州オーロラの映画館で銃乱射事件が起きました。

銃について答えは出ません。少なくてもすぐには。
その絶望感といいますか、もやもやをこのシーンにも感じました。
映画としては完璧な描き方です。しかし現実世界では答えは出ませんね。

難しや、難しや。


今回はこの辺にて終了としましょう。
次回はこのシリーズが体現する現実世界の政治思想について少し考えてみましょう。
まだまだ書くネタが尽きないw

--------------------------------------------------------------------------------------------

ノーラン版バットマンシリーズ(ダークナイト3部作)徹底解説もくじ
徹底解説コラムをリニューアルします!


徹底解説コラム2:映画に詳しくなかった私が『バットマン・ビギンズ』で受けた衝撃


徹底解説コラム3:『ダークナイト』初見の感想。ジャパン・プレミア会場は拍手喝采の熱狂になった!!


徹底解説コラム4:『ダークナイト・ライジング』ジャパン・プレミアで泣き崩れた思い出


徹底解説コラム5:シリーズで最も大切な『バットマン・ビギンズ』の概要 


徹底解説コラム 6:シリーズ一の衝撃作『ダークナイト』の概要


徹底解説コラム 7:伝説の壮絶なる終わり『ダークナイト・ライジング』の概要


徹底解説コラム 8:3部作お勧めの見る順番&そしてゴッサム・シティの重要性


徹底解説コラム 9:『バットマン・ビギンズ』冒頭30分で描かれたバットマンの定義をしっかりと押さえてみる


徹底解説コラム 10:『バットマン・ビギンズ』中盤〜後半徹底解説!


徹底解説コラム 11:『ダークナイト』の脚本力


徹底解説コラム 12:『ダークナイト』のジョーカー徹底分析!


徹底解説コラム 13:ゴードン(警察)とデント(検察)の思惑の違いが生んだ悲劇


徹底解説コラム 14:『ダークナイト』におけるバットマンの存在意義を考えてみる


徹底解説コラム 15:『ダークナイト』のあらゆる魅力をまとめてみる


徹底解説コラム16:『ダークナイト・ライジング』をより楽しむために!ゴッサム・シティの地図を把握しておこう!


徹底解説コラム17:『ダークナイト・ライジング』、感動の初見の感想をもう一度アップ 


徹底解説コラム18:『ダークナイト・ライジング』のラストは"夢"に関連しているのか?


徹底解説コラム19:『ダークナイト・ライジング』、ブルース・ウェインはどうやってゴッサムへ戻ったのか?


徹底解説コラム20:『ダークナイト・ライジング』と『二都物語』の関連性を考える


徹底解説コラム21:『ダークナイト・ライジング』のラスト、なぜブルース・ウェインはあのような結末になったのか?


徹底解説コラム22:『ダークナイト・ライジング』の最後アルフレッドはなぜイタリアへ向かったのか?


徹底解説コラム23:『ダークナイト・ライジング』、ベインの最後はなぜああもあっけなかったのか?