『ダークナイト・ライジング』と『二都物語』の関連性を考える/『ダークナイト』シリーズ徹底解説コラム20 - Cinema A La Carte

『ダークナイト・ライジング』と『二都物語』の関連性を考える/『ダークナイト』シリーズ徹底解説コラム20



今回は『二都物語』のお話を。


映画の新着記事をfacebookで受け取る


『ダークナイト・ライジング』はDVDやiTunesなどで絶賛発売中ですが、
シリーズ最終章のため『バットマン・ビギンズ』『ダークナイト』観てからの鑑賞をお勧めします。


今回は『ダークナイト・ライジング』とフランス革命の関連性について解説します。
『ダークナイト・ライジング』は小説『二都物語』をストーリーのベースにしています。
『二都物語』はチャールズ・ディケンズの書いたフランス革命をベースとした小説です。

『二都物語』/ディケンズという名は世界史で聞いたことある方も多いでしょう。
しかし実際に読んだことある方はそこまで多くないのではないでしょうか。
なので言われたところで「ふーん」程度の方もいらっしゃるでしょう。

しかし世界史学習者ならフランス革命についてはある程度ご存知でしょう。
『ダークナイト・ライジング』のストーリーをフランス革命の出来事に合わせていくと、
色々と合致してなかなか面白いです。サクッと以下に関連するものをまとめていきます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
※以下『ダークナイト・ライジング』のストーリーについての言及が入ります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

□=『ダークナイト・ライジング』での出来事
■=フランス革命での出来事



□ベインがゴッサム・シティを制圧した翌日のブラックゲート刑務所襲撃
■1789年7月14日:バスティーユ牢獄襲撃

□ブラックゲート刑務所でのベインの演説(ゴードンの原稿暴露)
■1789年8月26日:フランス人権宣言


□囚人釈放後の富裕層市民の襲撃(大人数での行進のシーン後に襲撃シーン)
■1789年10月5日:ヴェルサイユ行進

□市民が執り行う裁判
■人民裁判

□氷上を渡らせる"追放"及び"死刑"の執行方法
■ギロチンにより処刑

□ゴードンら警察を中心とした旧管理側
■立憲君主派

□ベインを中心とした影の同盟の革命部隊
■ジロンド派


若干のこじつけもありますがこうやって映画を鑑賞すると深みが増します。
フランス革命では1792年の春にジロンド派内閣成立します。
しかし『ダークナイト・ライジング』ではそうはならずバットマンがゴッサムを救います。

いかがでしょうか。
実際の歴史と合わせることで映画に深みと立体感が増していきます。


この先、フランス革命終焉までも検討するとより面白くなります。
フランス革命が完全終結するのは1799年11月のテルミドールクーデタです。
ここでナポレオンが統領政府を打ちたてて革命は終了となります。

統領政府樹立に相当するシーンは『ダークナイト・ライジング』にはありません。
しかしこれは映画として伸びしろにはなるのではないでしょうか。
シリーズは終わりましたが物語は続けられるという伸びしろです。

ダークナイトシリーズは終焉しましたが、ラストはご覧なった方ならおわかりの通り、
ジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるロビンが一応の後継指名を受けます。
またセリーナ・カイルに関してもいくらでも話は広げられます。

クリストファー・ノーランはこれでおしまいと宣言しました。
実際ブルース・ウェインの物語はおしまいでしょう。
しかしこうやってフランス革命とストーリーを重ねることで世界観が広がりその先の想像ができるようになります。

ナポレオンの統領政府樹立関連の説は完全なる推測ですが、
世界史学習者は是非フランス革命と『ダークナイト・ライジング』、
ストーリーを重ねあわせて世界観を広げてみてはいかがでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------------------------

ノーラン版バットマンシリーズ(ダークナイト3部作)徹底解説もくじ

徹底解説コラムをリニューアルします!


徹底解説コラム2:映画に詳しくなかった私が『バットマン・ビギンズ』で受けた衝撃


徹底解説コラム3:『ダークナイト』初見の感想。ジャパン・プレミア会場は拍手喝采の熱狂になった!!


徹底解説コラム4:『ダークナイト・ライジング』ジャパン・プレミアで泣き崩れた思い出


徹底解説コラム5:シリーズで最も大切な『バットマン・ビギンズ』の概要 


徹底解説コラム 6:シリーズ一の衝撃作『ダークナイト』の概要


徹底解説コラム 7:伝説の壮絶なる終わり『ダークナイト・ライジング』の概要


徹底解説コラム 8:3部作お勧めの見る順番&そしてゴッサム・シティの重要性


徹底解説コラム 9:『バットマン・ビギンズ』冒頭30分で描かれたバットマンの定義をしっかりと押さえてみる


徹底解説コラム 10:『バットマン・ビギンズ』中盤〜後半徹底解説!


徹底解説コラム 11:『ダークナイト』の脚本力


徹底解説コラム 12:『ダークナイト』のジョーカー徹底分析!


徹底解説コラム 13:ゴードン(警察)とデント(検察)の思惑の違いが生んだ悲劇


徹底解説コラム 14:『ダークナイト』におけるバットマンの存在意義を考えてみる


徹底解説コラム 15:『ダークナイト』のあらゆる魅力をまとめてみる


徹底解説コラム16:『ダークナイト・ライジング』をより楽しむために!ゴッサム・シティの地図を把握しておこう!


徹底解説コラム17:『ダークナイト・ライジング』、感動の初見の感想をもう一度アップ 


徹底解説コラム18:『ダークナイト・ライジング』のラストは"夢"に関連しているのか?


徹底解説コラム19:『ダークナイト・ライジング』、ブルース・ウェインはどうやってゴッサムへ戻ったのか?


徹底解説コラム20:『ダークナイト・ライジング』と『二都物語』の関連性を考える


徹底解説コラム21:『ダークナイト・ライジング』のラスト、なぜブルース・ウェインはあのような結末になったのか?


徹底解説コラム22:『ダークナイト・ライジング』の最後アルフレッドはなぜイタリアへ向かったのか?


徹底解説コラム23:『ダークナイト・ライジング』、ベインの最後はなぜああもあっけなかったのか?