SF映画の新たなる傑作『オブリビオン』、なめてかかってごめんなさい。【映画紹介/2013年公開作】[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

SF映画の新たなる傑作『オブリビオン』、なめてかかってごめんなさい。【映画紹介/2013年公開作】[ネタバレなし]



基本情報
日本語タイトル
『オブリビオン』

原題
"OBLIVION"

監督
ジョセフ・コシンスキー

出演
トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン、アンドレア・ライズブロー

公式サイト

ストーリー
エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた彼は、誰一人として生存しているわけがないエリアで何者かの襲撃を受けてしまう。混乱するジャックの前に現れたのは、ビーチ(モーガン・フリーマン)という謎の男。彼との遭遇を機に、ジャックは地球、人類、そして自身の運命を担う冒険に出ることに。(シネマトゥデイより)

予告編



感想
『トロン・レガシー』の監督×トム・クルーズ主演で先日より公開された本作。
映画である以上賛否割れるのが当たり前ですが、本作は肯定派の方が多く、
意外にも批評家の方々からも愛されてるというのが現状ですね。

私は本作、とても楽しめました。
感動することもでき、記憶やアイデンティティについても考えさせられました。
SF映画として文句なしに傑作だなと思った次第です。

[DVD/Blu-ray発売済み]
予告編からは世界観は伝わるもののストーリーがイマイチ掴めなかったため私は当初期待をしていませんでした。
あまり好きではない『007 慰めの報酬』でボンドガールを務めたオルガ・キュリレンコが出演していたのも期待を下げる要因にw
しかしアメリカでいち早く公開され大ヒットの大絶賛。これを観て楽しみな気持ちが高まっていきました。

観てみたらもう語りたくて褒めたくて仕方ないところが色々あったわけでして。

あ、書き忘れないうちに言っておきますと、本作SF映画で意図的に2D映画にしており、
映像や音響が見事なので音響の良い映画館や大きな劇場を選んだ方が良いと思われます。
さてそれでは感想を。

本作はストーリーや設定が細部にまでしっかり作りこまれています。
「どこかで見たことある」なんて言ってる方がいらっしゃいますが、いやいやいやいや。
そんな言葉で否定的な心のバリアを張ってしまっては時間の損でしかありません。ちゃんと観ましょうね。

月を破壊することで地球に天変地異が起きるという設定がまず斬新ではないですか。
地球に広がるのは廃墟ではなく不毛の大地、昼間のシーンをメインにし、
映像をしっかり作り込んでいた辺り製作側の本作への意気込みを感じました。

人工的でスタイリッシュに作りこまれた居住空間やライド。
それらディテールがまた見事でして、それがしっかりストーリーに影響を及ぼすのもまた見事。

人工的でかつての地球の暮らしとは完全に異なるもの。
タイトル"オブリビオン"の伏線にもなってますね。
前半登場人物は3人だけと言っても過言ではないですが、それでも見事に話が進んでいき後半へ影響を及ぼしていきます。

中盤から後半にかけてドラマ性が増していきます。
前半にSFにの世界観を提示した後それに甘えること無くしっかりとドラマを描いていくのです。

そこではアイデンティティや記憶についてが語られていきます。
それはSFの世界だけでなく私たちが今現実世界において考えるべき事柄でもありますよね。
遠くのSF世界の映画でありながらもしっかりと私たちにアプローチしてくれているのです。

そして本作はラブストーリーとしての比重を増していきます。
クローンとアイデンティティ、記憶の消去、夫を思う女性、妻のいる男性を好きになる女性、など様々な要素が絡んでいきます。
実は◯◯が△△で、□□でした的なSF設定だけでも見応え充分なのにしっかりと愛に絡んだドラマ要素を入れてきているのです。

記憶を消されて昔好きだった人の記憶が無くなっても、会ったらまた好きになってしまう…
人間の心の性ですね。しかもそれが結ばれることのない相手。
何て切ない話を入れてくるんでしょう、映画として見事な要素ではありませんか。

そしてラストは切なさと言いますか私たちに「それで良かったのだろうか?」という提示をして映画が終わります。疑問は残りませんが問題提起をして終わるのです。

「自分が彼ならあの最後の決断はできただろうか?妻の幸せのためにそうできただろうか?」

この答え、出ません。

そういった意味でもやもやが残ります。
しかしそれは余韻なのです。終わった後そんなことを考える自分。映画にやられたというわけです。傑作の証なわけです。




意図的に展開を読ませ余力を与えてくれる演出
本作は冒頭30分ほどは不毛の地となった地球と空に広がる居住空間を中心に映画の世界観を伝える装置として機能します。
ここはいささか我慢も必要なスロー展開。ただしこれがあったからこそ後半雰囲気がガラッと変わってからの驚きや感動が増すんですよね。

映画における批判というのは理解できてないのが主な要因。
私は冒頭を見ながら些か不満を抱きましたが、後半になるにつれ納得に変わっていきました。
わからないで批判的心を持ってはいけないとこの映画を通して改めて反省しきりでした。

映画を観ながらあることに気づいたのです。

この映画、一歩先の展開が割りと読めるのです。
しかしそれは「展開が読める」という安易さではないことに気づいたのです。
この映画「観客に展開を読ませて誘導している」のです。

そうすることで映画のテーマである愛やアイデンティティ、
記憶について私たちに考えさせる余裕を与えてくれているのです。
ストーリーを追うのに必死にならない余白を与えてくれてるのです。

一歩先を読ませるだけでラストまでのレールは予想できません。
一歩先が見えることでまた一歩先が見える。
その繰り返しで最後の着地が見えてくるのです。

ディテールがここまでしっかりしていて全編において次の展開が読めるのでこれが演出意図なのは明確でしょう。ラストもしっかり着地しますしね。
「展開読めた」なんていう安易な批判は意味を成さないのでネットから消去してください←

----------
余談になりますがこの手の話をするといつも思い出すことがあります。『ダ・ヴィンチ・コード』の感想で「最初にルーブル映った時に墓の位置俺わかったからつまらなかったわ」という謎の自慢話。
映画を楽しめてない典型的なパターンですね。映画には様々楽しむ要素があるのにそれだけで楽しめないとかアホ丸出し。オチだけ知りたいならなぞなぞでも一生問いてろバカ野郎って思うんですよ。
ってか嘘だろその自慢。ルーブル映っただけでわかるわけねーだろ。てめえ原作読んでただけだろ!って思いますけどね。いい加減にしてほしいですこういう馬鹿丸出しなのに馬鹿だってわかってない発言。
すいません、言葉が荒くなりました、話を戻しましょう←
----------

展開を読ませつつ、映像のクオリティは一級品で、演技も皆お見事。
考える余力を私たちに提示しつつ楽しませてくれるわけです。
100点満点で100点ではないかもしれませんが、娯楽・SF・ドラマ・ラブストーリー、様々楽しむ要素がある見事な映画だなと改めて思うのです。


SF映画の受難と比喩表現
『2001年宇宙の旅』や『ブレードランナー』は今でも熱狂的なファンが多いです。
いや、公開当初はむしろ評価されておらず後世で評価が高まっているといっても過言ではありません。

SF映画にはそういったパターンが存在します。
そういった意味において本作も今は理解できないけれど後で見たら面白かったという方が出てくると思うのです。

ですから本作において明確に論理的に批判が出来ない場合は批判なんてせず「わからなかった」でいいではありませんか。

好きな女の子の初対面が「何こいつ」だったのに後々好きになった経験てありませんか?あるでしょ?ねえあるでしょ?素直になれよみんな!(※本日テンション崩壊中)

他の映画ジャンルでも言えることですがSF映画は何かの比喩表現であることが多いです。
本作の設定を大企業に当てはめてみましょう。
記憶を消された主人公は社員。

しかし断片的に過去の記憶は残っています。
つまり社畜として洗脳的に会社へ属することを当たり前と納得させられた社員だが、
過去の"俺はこんなところで終わらせないで転職して光り輝くんだぜ"という気持ちを少しは覚えてる。

そして苦悩するのです。夢と現実と未来とで。

不毛の地となった地球はかつて自分が理想とした安らぎ。
その安らぎをもう一度手にしたい、心の平穏を手にしたい。
それは今の状態から脱したいという感情の例えになります。

そして自らのアイデンティティと戦い、属することへ反発をし、外の世界を知る。

こじつけの例えかもしれませんがそういった現実世界への比喩的例えの象徴となっているのは間違いないでしょう。

『スターウォーズ』だってそうじゃないですか。
一番わかりやすい例えで言えばダークサイドのエピソードであるとか。(脱線するので割愛)

こういった比喩的例えや映画の価値観は時がきてわかることもあります。
逆に時が来て必要とされず評価をされない時もあります。
本作がどっちに転ぶか。それは本作云々ではなく、我々の生きる道先が決めること。

未来はどっちへ進むのか、期待も不安もありますが今日、明日、明後日と今をしっかり生きたいと思う次第であります。


まとめ
映画である以上賛否あって然るべきです。
私が絶賛したからといって面白いとは限りません。
本作『オブリビオン』もそうでしょう。

たくさん解説を書かせてもらいました。
楽しむ要素満載ですので是非楽しんでいただけたらなと思います。

映画評価において肯定も否定も様々なアプローチがあります。
好き嫌い、合う合わないが大半でしょう。
それは好みの問題ですから最後どうするかは自分自身です。

本作の批判レビューをアップした方に対して見てもない方々が同調したのをネットで見ました。
批判はあって然るべきでその記事はむしろ興味深く拝見したのですが、
見てもないものに、理解もしてないものでも何となく同調する日本人の良くない一面を改めて目にしてとても残念な気持ちになりました。

しかも私が上に書いたように「どこかで見たことある」という安易なものも。
設定だけネットで見てこういう批判書くのってとても悲しくなるのです。
批判は作品のあらたなる魅力を発見するものにもなるのですが見てもないのに書くのはいかがなものかと思います。

見てからの論理的な批判は大好きなんですけどね。
町山智浩さんやライムスター宇多丸師匠の酷評レビューとか大好物ですのでw

私がかつて映画の知識皆無だった時に言われたある言葉を思い出します。
「人にお勧め聴いたり、何見るから迷ってる暇があるならどれでもいいから2本でも3本でも映画を見ろ。」
この言葉を今でも大切にしています。

人に勧められた作品はできるだけ見てます。
自分で見たいと思ったものもできるだけ見てます。

そしてHuluなどのストリーミングサイト等でたたまた目に止まったものも見るようにしてます。
何となく見て楽しめたら嬉しいじゃないですか。
たくさんの作品があるのです映画には。

そこで故・淀川長治先生のあの言葉を思い出します。
「通は駄作も楽しむ。」
これですよ。映画が好きなら映画を楽しみましょうよ。

しかしこれだけは最後に言わせてください。
『オブリビオン』は傑作ですからね。
批判してる人も「◯◯はいいが△△が〜」てきな批判なので映画として一定のクオリティをどなたも感じていると思います。

以上です。
次回の『グランドマスター』のレビューは通常テンションでお送りする予定です。
暴言・乱文失礼しました。



written by shuhei