『風立ちぬ』、宮崎駿監督が最初やりたがらなかった理由 /『風立ちぬ』連載コラム5 - Cinema A La Carte

『風立ちぬ』、宮崎駿監督が最初やりたがらなかった理由 /『風立ちぬ』連載コラム5


『風立ちぬ』の企画に宮崎駿監督は当初乗り気ではありませんでした。その理由や製作が決定したエピソードを今回はまとめます。



スポンサードリンク


『風立ちぬ』は堀辰雄の同名小説があると同時に、宮崎駿監督自身が連載小説として描いた作品の名前でもあります。本映画はこの連載小説が元になっているわけですが、映画化を最初に言い出したのは鈴木敏夫プロデューサーです。

しかし、この案に宮崎監督は激怒したそうです。

鈴木敏夫プロデューサーのポッドキャストによると。
宮崎監督の価値観として絵で描いた映画は原則として子供が見るものである、
というものはあるそうです。まあそりゃそうですね。

そうなった時、原作"風立ちぬ"は大人向き過ぎるのです。
言ってしまえば子供は楽しめない恐れがある。
だからこそ宮崎監督は価値観をねじ曲げられるとの思いから激怒したんでしょうね。

しかし、宮崎監督は映画化できるか色々検討したそうです。
原作をそのまま映画化するわけではないですからね。
検討を重ねた末に2010年12月28日、映画化することを決断したそうです。

子供が楽しめるかというと率直に申し上げてNOでしょう。
しかしそれでいいんだと思います。
そこに媚びず宮崎監督の魂に触れることができたと思いますし。

子供は大人になります。
大人になった時、是非この映画観てほしいなって思いました。

『風立ちぬ』関連記事一覧

レビュー:1人の男の人生を通して描かれる"力を尽くして生きる"勇姿。
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/kazetachinu.html

あらすじ・ストーリー・キャラクター・声優・主題歌など
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/kazetachinu1.html

見どころと世界観・そして時代の流れ
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/kazetachinu2_5.html

ヒロインの名前が"菜穂子"の理由
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/kazetachinu3.html

関連書籍と"力を尽くして生きる"
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/kazetachinu4.html

宮崎駿監督が最初やりたがらなかった理由
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/kazetachinu5.html

宮崎駿監督の破壊衝動、得意技と矛盾
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/kazetachinu6.html

『もののけ姫』との比較、宮崎監督の得意技という視点での比較論
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/kazetachinu7.html

 "魅力と欠点"
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/kazetachinu8.html

賛否真っ二つに思うこと、そして大切だと思うこと
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/kazetachinu9.html

予習してから鑑賞したい人のための『風立ちぬ』コラム"ダイジェスト"
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/kazetachinu21.html

【年表比較】『風立ちぬ』の堀越二郎と、現実の堀越二郎と、現実の堀辰雄
http://www.cinemawith-alc.com/2015/02/Wind-N01.html

『風立ちぬ』関連商品